読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また噴火

今日阿蘇山が噴火しましたね。 

それを聞いて、1年前の9月に多くの犠牲者を出した木曽御嶽山の噴火を思い出し、心がざわざわして落ち着きません。恐ろしいの一言につきます。
 
 
天災は忘れた頃にやって来るといいますが、こればかりは人間には手が負えません。
 
命あってのアウトドアでの遊び。無理は禁物ですね。
 
今日(9/14)で一般登山者向けの吉田ルートが閉鎖になった富士山も火山ですね。自分が過去に登った山を振り返ってみると、2012年に木曽御嶽山と富士山、2014年に黒斑山(浅間山の外輪山)と火山行ってます。
 
日本にいる限り、火山のリスクはついて回る気がします。そのリスクを少しでも減らすためにも、火山に登るなら、こまめに情報チェックして、気になることがあれば行かないとか、行っても異常が少しでもあれば、途中で引き返すとかしかないと思う。リスクマネジメント大事ですね。
 
それも面倒だなあという場合、登らないという選択肢もありかもしれません。行かなければ、山での潜在的リスクに遭遇することもないでしょうから。
 
そんな事を考えた今日のニュースでした。
 
★おまけ
 
気象庁のサイト
③今朝たまたまニュースを見ていたら、昨年の木曽御嶽山噴火に遭遇していた山岳ガイドの小川さゆりさんが、山の怖さについて語っていました。この方の手記がウエブでも読めます。(以下)
 
④あと木曽御嶽山の噴火については、以下の本も出版されています。