静けさ

山に求めるもの。
 
幾つかありますが私の場合「静けさ」。静寂の中で、自分と自然と向き合う。
 
もちろん目標の山に向け、粛々と歩き続け・努力するプロセスとその達成感を味わいというのもあります。
 
f:id:gomtbytsurugi:20151011002135j:image
 

この前、NHKのBSにチャンネルを合わせたら、田中陽希さんが日本の200名山を歩く「グレートトラバース2」が放映されてました。

どんな感じかなと思い、番組を見始めると、2014年に100名山を歩いた「グレートトラバース」の影響か、どこの山頂に行ってもファンに囲まれ、「サイン下さい」「写真一緒に撮ってもいいですか?」と言われていました。結果的にちゃんと休憩できず、対応に1時間程取られていたようでした。
 
彼はアドベンチャー・レーサー。そんなに休んだら、身体冷えちゃうし、その後も長い道のりを歩き続けなくてはいけません。だから何だか見ていて気の毒。
 
もちろんその辺も覚悟してご本人メディアに出ていらっしゃるのでしょうが、やはり辛そう。その気持ちを御自身もウェブ上で発信していらっしゃいます。(※1)
 
人のことではありますが「やっぱり山は静かに歩きたいだろうな」と彼の様子を見て思う。有名になるのも大変。

彼と多分山で会うこともないだろうけど、仮に彼と山ですれ違っても、以前登山家の三浦豪太さんを八ヶ岳の赤岳鉱泉でお見かけした時のように、普通にしてようと思う。(気がつかなかったりして私が)
 
★おまけ
以下は田中さんの気持ち(※1に関して)が書かれたサイト: