読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

登山靴 VS 細かい岩のスタンス!

今日は電車にのって埼玉県西部へ。

目的は、この夏剱岳に山岳ガイドさんと一緒に行くために必要なスキルを得るための講習会。(前から受講している続きもの)

でも天気予報通り、現地に着くと天気は雨!

これはもしやインドアでの講習に変更か?埼玉で大きなジムといえば、やはり入間の平山ユージのBase Camp。「そっちにいくのかな?」と思いきや岩場へ。

現場に着くと、他のパーティも講習会。

当然岩は濡れていて、雨も降っているから雨具つけて開始!いつものクライミングなら中止ですが、ここは登山が目的なのでそういうことにはならない。なぜなら雨天も登山することもあるから。

でも濡れてる岩場で、以前怪我したから、濡れている岩はやはり怖い〜。

久しぶりの登山靴での細かいスタンスとの格闘。それも濡れてる。

難しい・・・。

10本近く登ったかな・・・。

やっているうちに天気は回復し、午後には青空が。

f:id:gomtbytsurugi:20160319225753j:image

岩肌も乾き、状態はよくなり、慣れてきました。何となくほっとする。

それ以外にも今回は、PAS、ビレイデバイス、安全環付きカラビナ、プルージックを使って、懸垂下降のシステムの作り方の練習。プルージックは、懸垂下降をする時に万が一手を放してしまった時のバックアップですが、今回初めてやり方覚えました。(これは家にあるロープで何度も練習しないと。)

それからショートロープをガイドさんとつないだ時の歩き方なんかもしました。

毎回何らかの気づきのあるこの講習。まだまだ自分に足りないところが沢山ある事を認識出来ました。

来週末からは、段々実践的になり、懸垂下降で25mザック背負って降りるそうな。そして練習は、夏に向けてどんどん実践的になっていくみたい。

努力が実って、行けるといいな剱岳。 

高みへ大人の山岳部 [ 笹倉孝昭 ]

高みへ大人の山岳部 [ 笹倉孝昭 ]
価格:1,944円(税込、送料込)