読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岩櫃山

登山
平日仕事してるとあっという間。外の天気のことなど忘れちゃいそうですが、この前の土曜日はなかなか良い天気でしたね。ということで
 
<週末の回想>
沖縄の次は、新幹線に乗り北西方面へ。新幹線改札付近の案内は、よく見るとこんな風に変わってました。3月に来た時はガン見しなかったもので。
 
f:id:gomtbytsurugi:20160417212108j:image
 
情報多すぎ。わかりにくい。ちなみに発車の案内表示も、
 
f:id:gomtbytsurugi:20160417211840j:image
 
同じホームに新潟への列車と仙台・北海道への列車が来る。旅慣れない人にはややこしいかも。特に外国人観光客。私はこの程度ではへこたれません。
 
f:id:gomtbytsurugi:20160417211952j:image
 
まあ、そういうことはJRさんが頑張って考えればいいので、自分の予約した列車に乗り込みました。
 
途中ローカル線(吾妻線)に乗り換えて、降りたところは、JR郷原駅
 
f:id:gomtbytsurugi:20160417212725j:image
 

改札には人がいなくて、切符を箱に入れるだけ。線路の向こうには、この日登る岩櫃山が見えます。

 
f:id:gomtbytsurugi:20160417212845j:image
 

あれがこの日のターゲット!

 
この山は、戦国時代の真田幸村も一時滞在したこともある山城「岩櫃城」のあった場所。最近はNHK大河ドラマ真田丸」のお陰で盛り上がってるようです。
 
登山道入口まで里山散歩。桜が綺麗です。
 
f:id:gomtbytsurugi:20160419224134j:image
 
11時くらいに登山道を歩き始め、色々と講習を受けながら、天狗の架け橋を歩いたり、岩っぽいところを鎖使わずに下りたり登ったりといい練習になりました。
 
山頂はこんな感じ!
 
f:id:gomtbytsurugi:20160419224253j:image
 
反対側の岩山にも人が結構たくさん。
 
f:id:gomtbytsurugi:20160419224219j:image
 
山頂にはこんなものも!どの方角にどんな山が見えるかもわかります。
 
f:id:gomtbytsurugi:20160419224336j:image
 
という訳で遠くを見ると雪山が。
 
f:id:gomtbytsurugi:20160419224434j:image

色んな練習しながらだったので、降りたら16時近く。
 
f:id:gomtbytsurugi:20160419224528j:image
 
なかなか楽しめました。
 
岩櫃山の情報
岩櫃山の歴史についての説明のURL:

iwabitsu-sanadamaru.com

 

②登山コースについてのURL:

東吾妻町の観光案内に載っています。

http://www1.town.higashiagatsuma.gunma.jp/www/kankou/contents/1204115532274/index.html

※私が歩いたのは「密岩通り」です。断崖絶壁を登ったり、天狗の懸橋という高いところにある細い岩の上を渡ったりする中・上級者向けのコース。今回は、岩山のトレーニングのために行ったので、初心者には危ないです。