なぜかコロラド(おまけ)

アメリカといえば、車社会。

でもこんな可愛いポスターがありました。

f:id:gomtbytsurugi:20160625032537j:image

その名もBIKE TO WORK DAY! 

「この日は車の代わりに自転車通勤!」ということらしいです。アメリカっぽくないですね。でもコロラドが、自然環境に恵まれていることを考えると違和感はありません。

また、つい最近まで知りませんでしたが、インテリの集まるITベンチャー企業(アメリカで言うStartup)が多いそうです。ハイテク・ベンチャー企業と言えば、カリフォルニアのシリコンバレー思い浮かべる方が多いと思いますが、コロラドは、生活環境もよく、大学、国の研究機関などが複数存在し、知的人材も豊富で、またシード・アクセラレーターという新規立ち上げした会社を支援する企業もあったりして、起業にはもってこいなようです。

そんな地域性に惹かれて、都会から移ってくる人も多いそうです。物価も安いとは言えないけれど、シリコンバレーに比べればまだまだ良い方だとか。(街で見かけた不動産屋さんの店先の物件一覧は、結構なお値段でした)

そういうところに集まってくる人達は、仕事だけでなく、プライベートも大切にして、環境問題にも関心がある人が多いのかもしれません。

LOHAS発祥の地があり、自然を愛するクライマー、登山者、エコ・コンシャスでインテリな人が多い州だからこそ、こんな日があるんだろうな。