小心地滑

ある平日の昼間、つるんつるんの床で滑ってコケました。膝を強打。ランチのフライドチキン、コーラ、そして履いてたハイヒールがぶっ飛ました。

こんなド派手に転んだのいつ以来だろ?

悲しすぎる。とほほ・・・。

思い出したのが、「小心地滑」!

 f:id:gomtbytsurugi:20161210001141j:image

香港やシンガポールなどの中国語圏で、よく見かけます。漢字だけ見てたら、とんでもない自然災害を連想してしまいますが「スリップ注意」「足元注意」という意味です。ちなみに「小心って何?人間のうつわ小さいのかい?」とも思っちゃいますが、こちらは「慎重に」とか「気をつける」ということだそうです。

それにしても、この絵の足を滑らせている人を見てると何だか気の毒。今回は自分にもこの災難が降りかかってきたから、全然笑えません。その日から膝の古傷が痛みます。やだなあ。

安全第一をモットーにして山で遊んでますが、山よりも下界の方が危ない気がする。  

★おまけ
標識の絵は、ピクトグラムとして知られています。国によっても色んな種類があり、実は奥が深いのです。本も出版されています。見てると楽しいのでオススメです。 

 

 

 

ちなみにこんなピクトグラムもあります。ロッククライミング

忙しい師走早く用事を済ませて、アウトドアに出かけたい!

 

f:id:gomtbytsurugi:20161210145247j:plain