Ice screw!

「アイススクリュー」を先月八ヶ岳で初めて触りました。 

と言っても、登る時に回収しただけです。(だって素人だもん)

いつものフリークライミングで行く岩場なら、開拓者によってボルト(ハンガー)が打ってあるし、終了点も整備されていることが多い。

でもアイスはそうはいきません。アイススクリューで、ビレイポイントを作ったり、プロテクション取ったりと、やること沢山。道具は金物ばかりで体力いりますアイス!

この前八ヶ岳行った時に、サブガイドさんが、確かVスレッドの作り方を教わっていました。(面白そうだったから、横で見てたけど、寒すぎで細かいこと忘れちゃいました。あ~もったいない。) 

なので思い出すべく、ネットで検索してPETZLの「アイススクリューの使い方」の動画を発見しました。数年前に、文章と口頭での説明を聞いた時はちんぷんかんぷんだったけど、動画だとやはり分かり易いですね。

まだまだこういうものを自ら使って積極的に遊びに行くことはないし、教えてもらう必要があるけど、とりあえず知識として知っておいても無駄はないかな。

★ペツルの動画(日本語字幕付き)

みていると、動画中「道具は専門家の指導を受けてから使いましょう!」と注意勧告があります。まあこれだけ複雑な事、何度も練習しないとできませんから、当然ですねえ。それにしても氷のリードは、見れば見るほど大変そう。覚えることも、安全管理も・・・。

youtu.be