読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

視界ゼロ@表妙義!

気分転換に、週末新幹線で高崎へ。

f:id:gomtbytsurugi:20170515091121j:image

表妙義縦走です。

前日に妙義神社そばの旅館へ。

その昔、宮様がご宿泊なさったようで、このようなものがありました。やはり宮様は登山がお好きなのでしょうか?

f:id:gomtbytsurugi:20170515091432j:image

その日は、軽くガイド陣と翌日のブリーフィング、それから友達と近況や夏山についての情報交換。

道の駅も見てきました。天ぷらにしたら美味しそうなキノコや山菜が沢山ありました!そんなことを考えていたら、夕飯に何とキノコと山菜の天ぷらが山のように出てきました。

f:id:gomtbytsurugi:20170515091523j:image

旅館の廊下には、PEAKSに掲載された東西の岩稜ルート番付が貼ってありました。私が登りたいのは、もちろん西の横綱。まあルートは変わるかもしれないけど。

さて、翌朝は、7:05に出発。

登る方角をみると、大の字が見えるか見えない位ガスってます。

f:id:gomtbytsurugi:20170515131555j:image

でも前日雨だったから止んだだけラッキー!

妙義神社の 鳥居をくぐり、登山道へ。

f:id:gomtbytsurugi:20170515131658j:image

第一見晴付近からヒルが出現!被害者続出!

嫌ですね〜!

辻の手前、3連鎖の前にハーネス・ヘルメット装着!

f:id:gomtbytsurugi:20170516005921j:image

この先は地図上「危」 というマークばかり!

ガイドさんによるショートロープの出番です。

奥の院をぬけ、ビビリ岩を越え、両側が切れてる背ビレ岩も、神様がスモーク焚いてくれたお陰で、幸か不幸か全く高度感なし!

f:id:gomtbytsurugi:20170516005511j:image

大のぞきに11:04に到着。でも何も見えません。

滑り台状10mの2本と30mをぬけ、下りてきた岩場を振り返ってもガスガス!

f:id:gomtbytsurugi:20170516010453j:image

タルワキ沢のコルに、12:40に到着。

f:id:gomtbytsurugi:20170516010545j:image

本当は相馬岳に登るつもりでしたが、こんな天気なので中止。タルワキ沢コースを下り、中間道を西に向かい、東屋から金鶏橋へ。

登山口に着いたら14:50でした。

その後、もみじの湯@妙義ふれあいプラザへ(温泉)。

f:id:gomtbytsurugi:20170516014254j:image

駐車場からは、ずっとガスっていた妙義の山々が見えました。

f:id:gomtbytsurugi:20170516013057j:image

こうやってみると、ずいぶんすごいところ歩いてたんだなと思う。ちょっと前にギックリ腰で困ってたとは思えない。  

f:id:gomtbytsurugi:20170516005419j:image 

温泉の後はローカル線に乗り込み、友達とワインで乾杯しながら、のんびり帰りました。

<感想> 

上級者コースの妙義。自分も「ギックリ腰以降の久しぶりのリハビリ登山にしてはハードかな?」と思ってたけど、そうでもありませんでした。

山の条件も最高ではなく、ガスってるし、岩も場所によっては濡れてたり湿ってたり、イヤな感じしましたが、やはり妙義!とても楽しめました。

昨年の秋にもバリエーション行きましたが、そのうち、ヒルちゃんのいないカラッと晴れた時に別のルート行ってみたいな。