岩壁@レタスの里(Day 1)

長野県南佐久郡川上村へ行って来ました。

f:id:gomtbytsurugi:20170806215750j:image

川上村といえば、普通の人ならレタス。

クライマーなら小川山が、頭に浮かぶはず!

日本のクライミングのメッカです。

降り立った信濃川上駅は、相変わらずローカル線ムードたっぷり。

f:id:gomtbytsurugi:20170806175852j:image
時刻表には、1日上下それぞれ10本の列車のみ。東京からそんなに離れてないのに・・・

f:id:gomtbytsurugi:20170806215105j:image

初日は、こんな川を渡って、

f:id:gomtbytsurugi:20170806182601j:image

ストリームサイドエリアへ。

f:id:gomtbytsurugi:20170806180916j:image

ここでは、次の4つを登る。

f:id:gomtbytsurugi:20170806184642j:image

オードリー(5.10b)

イングリット(5.10c)

マレーネ(5.10b)

Love or Nothin'(5.10a)

全部登ることが出来ました。

聞いた話だと、ロープかけた課題は、5.10aかbのはずですが、トポ見ると違う・・・。

なぜだろう?まあいっか。

ちなみに、長めのLove or Nothin'は、楽しかったけど、登っていてもう少しスタミナが欲しい気がする。普段、インドアで、60とか100手の長ものを意識してするようにしてるけど、まだまだな感じ。

「さて、もう一本登ろう。次の課題は・・」と思ったら雨が!

急遽、岩根山荘のクライミング・ジム・オンサイトへ。

f:id:gomtbytsurugi:20170806190754j:image

人工壁で以下のポイントの説明をうけました。

懸垂下降

仮固定(2パターン)

登り返しの時のスリングの使い方(マッシャー、ヘッズオン)

3年前にレスキュー講習受けた時に習ったけど、やっぱりこういうのは定期的にしつこくやらないとダメですね。昨年も少し習う機会はあったけど。

夜はご馳走食べて、

f:id:gomtbytsurugi:20170806214745j:image

少しお酒飲んでから寝ました。

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山と渓谷 2017年 08月号 [雑誌]
価格:1099円(税込、送料無料) (2017/8/8時点)