山行女ビギナー編2 by つるぎ

ビギナーによる登山とクライミングの体験談です。

階段ダメなら・・・

弱者に意地悪な日本。

街中に出ると・・・

ターミナル駅を移動するサラリーマンの集団は、その多くが凄まじいスピードで、且つスマホ持ったまま下向いて歩いている。歩く凶器!お願いだから、前を向いて歩いて~!

師走に入りハイテンションになった若者は、インスタ映えするきれいなクリスマス・ツリーの前に滞留。誰もがスマホ片手に写真撮り。ちょこっとよけてくれるとありがたいんだけど・・・。

下界の障害物競走でのクライマックスは、やはり階段。

f:id:gomtbytsurugi:20171210132434j:plain

私の場合、階段を降りるとき気になるのが片足荷重。

まだ四苦八苦。つま先に体重をあずけられない。

こんなんじゃクライミングできない。

楽しみにしていた今週末の湯河原幕岩でのクライミングは、吹っ飛んでしまいました。今なら紅葉きれいだし、晴れていれば温かいのになあ。(写真は2年前の12月) 

f:id:gomtbytsurugi:20151212132744j:plain

ライミングがだめなら、アイスクライミングなんて、夢のまた夢?

せめて歩きがまともならなあ・・・。 

f:id:gomtbytsurugi:20171210131724j:image

昨年夏に登った西穂高(写真)。

雪のあるときに登りたいと、来週末予定入れてたけど、諦めました。

でもよく考えたらようやく3週間経過だから、焦っても仕方ない。

 「サンタさん強靭な精神力と肉体下さい!」とクリスマスツリーを見るたびに思う今日この頃。