山行女ビギナー編2 by つるぎ

ビギナーによる登山とクライミングの体験談です。

ここに富士山?

「あ〜いい加減どこか行きたい!」と思っても、まだ歩き方がおかしい。怪我した部分をかばうから。

オマケに階段登れても重心をかけ一点に乗ると、パチーンとゴム弾いたみたいにたまに痛い。

理学療法士さんも「激痛じゃなければ負荷かけていい」ということなので、散歩決定!

山行けないなら下界でガシガシ歩くしかない。

着いたのは品川神社

f:id:gomtbytsurugi:20171217183743j:image

階段はトレーニングになるし、

f:id:gomtbytsurugi:20171217183911j:image 

富士塚があるのです。

f:id:gomtbytsurugi:20171217184525j:image

写真左側の岩山っぽいのがそれです。

標高は15m。登りたくてやって来ました。

f:id:gomtbytsurugi:20171217184732j:image

登山道入口には鳥居があって、

f:id:gomtbytsurugi:20171217184810j:image 

一段上がるともう一合目。

数段上がると二合目。

f:id:gomtbytsurugi:20171217184955j:image

歩くより写真撮ってる時間の方が長い。

三合目。

f:id:gomtbytsurugi:20171217185049j:image

四合目。

f:id:gomtbytsurugi:20171217185125j:image

登りきったら五合目。

f:id:gomtbytsurugi:20171217185152j:image

ここまで1分もかかりません。

五合目と六合目の間は、まるで本物の富士山のようにほぼ水平な道が続きます。

f:id:gomtbytsurugi:20171217185330j:image 

この先からまた登り!

七合目の石碑の先には、

f:id:gomtbytsurugi:20171217185739j:image 

こんな感じの階段が続いてます。

f:id:gomtbytsurugi:20171217185915j:image 

八合目。

f:id:gomtbytsurugi:20171217190043j:image

九合目もあっという間に登って頂上に!

結局登山口から2〜3分で着いちゃいました。

そこから東側を見るとこんな感じ。

f:id:gomtbytsurugi:20171217190222j:image

ここは旧東海道品川宿の直ぐそば。今は第一京浜京浜急行の線路の高架などが見えますが、江戸時代には、海も見えたんじゃないかな。

江戸時代は、そうそう簡単にいろんな意味で富士山は登れなかったので、ここに登ると富士山に登るのと同じ御利益があったと言われていたそうです。

現代で言えばエベレストのような存在かな?(エベレストは今まで5千人以上登ってるらしいけど、誰でも行ける訳ではないから)

実はこの富士塚、登るよりおりる方が怖い。

登りの階段はコンクリートだけど、下りの階段はかなり年季の入った丸くなった石の階段。

普段だったらなんてことないけど、今回はビビリました。これじゃ登山道での下りはまだ難儀しそう。

もちろん富士塚の横には、富士山を祀る浅間神社がありました。

f:id:gomtbytsurugi:20171217191221j:image

(上の写真左奥が富士塚です)

バーチャル富士登山の後は、品川神社本殿にお参り。

f:id:gomtbytsurugi:20171217191724j:image

今年一年安全に過ごせたことに感謝しつつ、早く足が良くなるようにお祈りして、その後3時間ほど散歩し、この日のリハビリ散歩は完了! 

まだまだ段差が怖いから、もう少しずつ負荷かけながらリハビリ続けよう。