山行女 by つるぎ

2012年から始めた登山・クライミング・そしてそれにまつわる旅の記録。日々のつぶやきです。

長いトンネルを抜けると

ようやく天候に恵まれた久々の週末。 久しぶりに上越新幹線に乗り、 長いトンネルを抜けると・・・ 秋の越後湯沢。無雪期に来たのは初めて。 今回はマルチピッチというかバリエーションで飯士山(いいじさん)へ。 8:41ここから登山道へ入ります。 少し歩く…

変な天気

久々の青空。 晴れるのわかってたけど、昨日の猛烈な雨を考えると、山に行くのはやめました。 最近コロコロ天気が変わって怖い。 ここ数ヶ月諸事情にてひかえていたクライミング 。 この前、心機一転シューズを新調! 目白のカラファテで。 靴と一緒にかわい…

東京(丸の内・日本橋)散歩

またしても嫌な天気の週末。 そろそろ山に行きたいところですが、土曜の朝からいろいろ用事があるのでお出かけ。 まずは東京駅周辺へ。 それから日本橋方面。時間も体力もあり余り、雨も止んだので歩くことにしました。 30分もせずに日本橋の日本銀行に到着…

台風19号

台風19号。各地で被害が出た。心が痛む。 12日は家の中でじっとしていた。 夜になるにつれ雨風がひどくなり、建物が揺れ始めた。 次にグラッときたと思ったら千葉で地震。 こんな時に。 更に今度はスマホが突然ピロピロなった。 東日本大震災以来、あの手の…

便利な生活

普段家にいると、電気もガスも使えて、水は蛇口をひねればちゃんと出てくる。 これってよくよく考えたらすごいこと。 山なら水がなければ、水場に行かなきゃいけない。 沢山歩いて、 危ない所を通ったり、 大変だ。 今では考えられないけど、少し前の世代は…

予習の大切さ・栂海新道

栂海新道から帰ってきてはや1週間。 直線距離にして約27kmあるこのルート、やはり予習は必須だったと思う。 事前に使用したのは定番の昭文社の「山と高原地図」。 これでまず全体像を把握。ちなみに栂海新道の図は黒岩平周辺からとなっています。 でもこれだ…

芭蕉と親不知

この無雪期シーズンは、結果的に松尾芭蕉に所縁のある場所を歩くことが多かった。 鳥海山、月山、そして今回の親不知。 ここは北陸最大の難所。断崖絶壁だ。 現在は人が海側を歩くことはなく、国道8号線がトンネルや海沿いにへばりつくような形で通っていま…

親不知・北アルプスの始まり

栂海新道を歩ききり、親不知観光ホテルで久しぶりのお風呂に入ったあとは散歩へ。 ホテルから、たったの2〜3分の距離。 ここにウォルター・ウェストン像があります。 「北アルプスの始まりは親不知」と言った人。 船の上からこの辺りを眺めてそう言ったから…

親不知/目指せ日本海 Day 3

<回想録> 初めての避難小屋泊。 快適な小屋で目が覚めるとまだ真っ暗。 小屋からは糸魚川の街の灯りが見えた。 人の住む世界がとてもとても遠く感じる。 4:50頃出発! 昨夜も雨が降っていたけど、ラッキーなことにこの朝も雨具をつけずにすんだ。 1,286.8m…

白鳥小屋へ/目指せ日本海 Day 2 後半

<回想録> 栂海山荘前の大きなバケツ?には、オタマジャクシ。 本当は「さわがに山岳会」のお風呂にする予定だったドラム缶の話を思い出した。今はカエルさんの家。彼らも生きるのに一生懸命。私もこの延々と続く稜線を頑張って歩き続ける。 約1時間後の12:…

栂海山荘へ/目指せ日本海 Day 2 前半

<回想録> 朝4時起床。 真夜中に雨音で一度目が覚めた。でも幸い出発時間には止んだ。 雨具をつけず5:25頃出発。 この日は、昼前に栂海山荘につく場合は、白鳥小屋まで歩く予定。ちなみに山と高原地図だと、栂海山荘まで7時間半、その先の白鳥小屋まで行く…

イブリ尾根/目指せ日本海 Day1

<回想録> 早朝向かったのは富山県朝日町にある北又小屋。 今回はここから朝日岳を経て「栂海新道」に入り、日本海の親不知までの縦走! 遥かなる縦走初日は、急登連続のイブリ尾根。 不調からリハビリして臨む今回の山行。リハビリ中の数ヶ月の山行は、問…

夜明け

清々しい朝の空気。 窓の向こうに剱岳。 日本海に向かう山並み。 夢に見た憧れの長い長い縦走が、始まります。

旅の始まり

夜の新幹線 なんとか乗れました。 夕飯はこんな感じ・・・。

Aroma 兼 虫除け

山に行かなくても、下界は下界でやることがある。 でも家でじっとしてるのも飽きた。 人混みにでるのもやだ。 どうしようかな? 久しぶりにディフューザーを出してきて、 これを使ってみました。 山では虫除けになるハッカ油(ミント)! 頭スッキリ。良いリ…

リスク・・・

この連休、難関ルート(一般登山道)の山行を計画していた。でも天候不順で中止。危ないから。 他のタイミングでバリエーションも考えたけど、結局この夏は出だしが体調不良で実行出来ず。 でもリスクがあるからやめた訳で、「元気で、天気が良ければ、また…

静かな時間・・・

夕暮れ時は美しい。(写真は奥大日岳) 秋の日はつるべ落とし。日が短い。 この前行った立山連峰・・・ 夕食のあと外に出たら星が出ていた。 暗闇と静寂が立山連峰を包みこみ、 雷鳥沢のテントに明かりが灯る。 空の星と、地上の星。どちらも心にしみます。 …

室堂平探検#3(玉殿岩屋)

<室堂平散策シリーズ 続き> 最後は玉殿岩屋へ。立山開山の伝説の聖地。 立山を開山した佐伯有頼が、熊と白鷹を追い山を登ると、岩屋からうめき声が聞こえ、中を見ると追っていた熊は実は阿弥陀如来で、有頼に立山開山を命じたというゆかりの場所。(詳細は…

室堂平探検#2(室堂小屋)

<室堂平散策シリーズ 続き> 室堂平の興味深い建物といえば室堂小屋。 ここも雪がある時に、横を通り過ぎた記憶がある。 観光シーズンなのでガイドさんが説明をしてました。 この建物は、宿泊所とお堂を兼ねたものだそうです。 補修をしたとはいえ、この場…

室堂平探検# 1(ミドリガ池)

いつもなら目的地まっしぐらで通り過ぎる室堂平。 でも9月5日〜7日の滞在では時間があったので、2日目奥大日岳登ったあと散策をしてみました。 最初に向かったのは、ミドリガ池。 ミクリガ池は何度も見たことあったけど、ミドリガ池を真近でみた記憶があり…

秋の立山縦走!(後半)

9:14別山南峰出発! 「やっぱり今日の核心は富士ノ折立かな?」と進むべき稜線を眺めながら思う。 真砂岳への登りは地味にきつい。 振り返ると別山。下りた分だけ登り返しがある。 9:58に真砂岳(標高2,861m)着。 この先の富士ノ折立の岩場に備えるべく5分…

秋の立山縦走!(前半)

立山連峰祭りと化した3日間の最終日! どこに行こう? 考えたのは・・・ 雷鳥荘→別山乗越→別山→真砂岳→富士ノ折立→大汝山→雄山→一ノ越→室堂平 ・・・という昨年4月残雪期に歩いた道。無雪期にも歩きたかった。かつ前半は剱岳がよく見える! ご飯を食べ、地図…

青空の奥大日岳

2年前「奥大日岳からの剱岳はいいよ!」と教えてもらった。それからずっと気になっていた。 でも天候不順・体調不良でなかなか実現しなかった。 条件が揃った。決行するなら今日しかない! 朝ごはんを食べ、6:39に雷鳥荘出発。 雷鳥坂との分岐を抜けると木道…

山の主とニアミス@浄土山

室堂に来るたび気になっていた浄土山。 立山三山の1つ。 立山信仰では、浄土山は「過去」、雄山は「現在」、別山は「未来」の山とされているのですが、ここだけ登ったことがなかった。 初日の足慣らしにちょうどいいので登ることに。 11:20スタート。 室堂…

久しぶりの天空ロード

9月最初の山は、大好きな立山連峰へ! やっと来れた〜。 車窓から富山湾と能登半島。 何度もこの道通ってますが、初めて見ました。 秋になり空気が澄んできたせいかな。 秋は着実に来ています。 弥陀ヶ原湿原。 天空ロードの七曲り。 御赦免の滝。一番奥にほ…

ということで富山!

いつもなら仕事場の最寄駅にいる時間ですが、 朝イチの新幹線で富山! 日本っていい国。 くっきりあの山も姿を見せてくれました。 鉄道好きなのでこれで移動! 最近新幹線でコーヒー買えなくなったので、ちょっと補給してから。 平日なのに特急の改札待ち。 …

旅の終わりは白川郷

再びバスに乗り白川郷(岐阜県白川村)へ。 村の人口は1,668人(2016年10月1日時点)。年間観光客は172万人(2017年統計)。日本だけでなく世界中から人が訪れる。 まずは集落が一望できる高台へ。 コスモス、そしてススキが風にそよいでいました。 稲穂も色…

五箇山へ(世界文化遺産)

翌朝バスターミナルへ。 白川郷・富山方面のバスは外国人が沢山。 向かったのは合掌造りの集落。世界文化遺産! 普通思い出すのは白川郷。でも世界遺産に登録されているのは、実際には岐阜県白川郷の荻町、そして富山県・五箇山の相倉と菅沼の集落。 そのう…

雨の奥飛騨

久しぶりの平日休み。 「山行かないんですか?」と前日職場で言われたけど、秋雨前線が活発すぎて、予報は雨。だから「天気悪いので山は行かないです」と答えた。 それでも朝起きると、やはりどこか行きたい。結局予約したあずさに乗る。 でも山は無理。さて…

秋雨前線・・・

またこの前線としばらくお付き合いですな。 = = = = = = 次は、カラッとした秋の空を拝みたいものです。 山はもう秋です。