癒しも必要

登ってばっかりいると、故障もやはり出て来やすい。今年の前半は、仕事の忙しさの反動で、インドアとアウトドアをバカスカやってたら、やはり来ました。

ライミング始めた頃はヒジだったけど、今回は肩。何となく痛い。3月末くらいから症状あったけど放置。だって医者行っても「なんともないよ」の一言。

じゃあレストが必要かと、クライミングをする頻度の間隔を伸ばしてみても・・・。

ダメ!

で、最後の手段で、ご自身もクライマーでもある整体の先生のところへ。

f:id:gomtbytsurugi:20160611092249j:image

先生によると、クライミングを始めると、まず肘痛めて、慣れてくると肩やっちゃうクライマー多いそうです。

2週間前くらいに施術してもらい、その後1週間レストしたら、痛みが消えました。

施術をしてもらうと「48時間はスポーツしないでねっ(かつクライミングは1週間我慢!)」と釘さされ、よい子にしてたのが良かったのかな?

まだ完全に治ってないので、もう少しかかるみたいですが、なんとなくホッとする。

この先生はクライマーの気持ちもわかるし、動きと故障の関係もよくご存知。自分自身の問題から、ご自身の整体院を開くにいたった方。先生と話してると癒されます。「ガシガシやるだけだとダメですよ。鍛えるだけでなく、身体緩めてあげるましょう!」だそうです。

ライミング長く続けたいから、身体いたわってあげないと。