山行女 by つるぎ

2012年から始めた登山・クライミング・そしてそれにまつわる旅の記録。日々のつぶやきです。

やっぱり楽しい岩山@龍王岳

土曜日は久しぶりに天空エリアへ!

f:id:gomtbytsurugi:20210704161548j:image

大雨の関東を離れると・・・

素晴らしい青空が待っていてくれました。
f:id:gomtbytsurugi:20210704161553j:image

足元を見ると、イワカガミに
f:id:gomtbytsurugi:20210704161605j:image

シナノキンバイ
f:id:gomtbytsurugi:20210704161601j:image

多くの花が咲いていました。

一ノ越まで雪道を登り、そこから少し下る。

久しぶりの雪道と2,500mを越える高地では、思ったように身体がついていけない。

ようやく着いた取り付きから見える岩峰が、この日のお題の龍王岳。

f:id:gomtbytsurugi:20210704161558j:image

この東尾根を前から登ってみたかった。
f:id:gomtbytsurugi:20210704161610j:image

久々のバリエーションは緊張しましたが、

f:id:gomtbytsurugi:20210704162608j:image

登り切ると素晴らしい景色が。

f:id:gomtbytsurugi:20210704162604j:image

雄山、
f:id:gomtbytsurugi:20210704162613j:image

立山針ノ木岳など。見ていて飽きない。

二千メートル越える山は今年二座目。

しばらく岩を触っていなかったから、バリエーションは不安だったけど、登ってみたらとても快適で楽しい時間でした。またこういう山行したいな!

南へ!

低山に行くにはもう蒸し暑い。

でもどこか行きたい!

ということで久々にドライブ。

向かったのは三浦半島の先端。

f:id:gomtbytsurugi:20210703080608j:image

遊歩道を歩くと、

f:id:gomtbytsurugi:20210703080553j:image

やはり気持ち良い。
f:id:gomtbytsurugi:20210703080605j:image

馬の背洞門は何度見ても不思議な形。
f:id:gomtbytsurugi:20210703080547j:image

海岸を散歩しているうちに見えなかった富士山も見えてきました。
f:id:gomtbytsurugi:20210703080601j:image

島では時間がゆったり流れます。
f:id:gomtbytsurugi:20210703080542j:image

沢山の猫さんたちを眺めていたら、
f:id:gomtbytsurugi:20210703080550j:image

気持ちが和んできました。
f:id:gomtbytsurugi:20210703080556j:image

そこからまた移動して、秋谷海岸へ。
f:id:gomtbytsurugi:20210703080539j:image

お気に入りの場所。
f:id:gomtbytsurugi:20210703080544j:image

湘南の空気感はやはり良いですね。

最後は富士山がうっすらと見えました。

今回借りたのは、こちらの車。

f:id:gomtbytsurugi:20210703081731j:image

ドライブは快適でした!

f:id:gomtbytsurugi:20210703081831j:image

維持費大変だから買えません!

また山に行けない時は別の車借りて、ドライブしようと思います!

 

幻想的

賑やかな山しかここ半年登っていなかった。

たまには静かな山域へ。

雨上がりの山に入ると、

f:id:gomtbytsurugi:20210621205252j:image

ウラジロヨウラク

この前これを見たのは尾瀬だったかな?

それとも森吉山?
f:id:gomtbytsurugi:20210621205302j:image

足元には、この時期必ず見るギンリョウソウ。

鳥の声と沢の音しか聞こえない。

静かな山の岩場は雲をまとってとても幻想的。
f:id:gomtbytsurugi:20210621205259j:image

冬にはカネコロンという氷柱が現れる岩壁。

でも毎年現れるとは限らないから幻の氷柱だ。
f:id:gomtbytsurugi:20210621205307j:image

それにしてもずいぶん岩を登ってないなあ。
f:id:gomtbytsurugi:20210621205310j:image

ガチのクライミングはご無沙汰。

岩場の横を歩き、トゲトゲのアザミの葉っぱに気をつけながら進むと、イワカガミの群生地。

道は時々不明瞭。ピンクテープだけが頼り。
f:id:gomtbytsurugi:20210621205257j:image

結局この日会ったはカモシカとキジだけ。

山を歩いたなあって気が、久々にしました。

またこういう山歩きしたいな。

自然の摂理

毎日の仕事はモニターと睨めっこして、ヘッドセットつけ会議。すっかり慣れた。

日本の人ともインドの人とも直ぐにお話しできる。便利な世の中だ。

でもどんなに便利になっても、自然の摂理を忘れてはいけない。人間は非力なのだ。

この前、久しぶりに近所を散歩したらカルガモ一家がいた。毎年の光景だけど、常に食うか食われるかの中で生きているので、次に会った時にはコガモの数が減っていることもあり、なんだか悲しくなる。

f:id:gomtbytsurugi:20210619103711j:image

ハイテクとは無縁なカモさん一家は、それでも一生懸命に生きている。

郊外に出れば、もう緑が濃くなり、
f:id:gomtbytsurugi:20210619103700j:image

気持ちの良い空気と風がそよぎ初夏の雰囲気。
f:id:gomtbytsurugi:20210619103714j:image

一方、標高二千メートルの高地では
f:id:gomtbytsurugi:20210619103721j:image

まだまだ雪だらけ。
f:id:gomtbytsurugi:20210619103717j:image

雪の壁や、
f:id:gomtbytsurugi:20210619103708j:image

雪原が残り、
f:id:gomtbytsurugi:20210619103655j:image

ようやく凍った池の氷が溶け始める時期だ。
f:id:gomtbytsurugi:20210619103723j:image

でも一度天候が崩れると厳しい世界。

f:id:gomtbytsurugi:20210619105543j:image

視界は不良となり、容易に身に危険が及ぶ。
f:id:gomtbytsurugi:20210619105539j:image

全く人間の思う通りにならない世界。
f:id:gomtbytsurugi:20210619103658j:image

雄大な自然は、人間の力の及ばないものの存在を思い出させてくれる。
f:id:gomtbytsurugi:20210619103704j:image

とっても便利な世界に慣れきって、何でも思う通りになると思っている人達に「こういう世界の存在を知ってもらいたいな!」と考える平日の夜でした。

気分転換 高尾〜景信山

またまたテレワーク。

月曜から金曜まで家にこもりっきり。

流石に疲れました。

土曜は用事もあり、天気も悪く下界で過ごす。

日曜の朝目が覚めたら6時。山に行くには遅い。

自分で焼いたパンとコーヒーの朝食を取ってから、行けるのはやはり高尾山。

10時半前に高尾山口着。駅前は人が多い。

でも稲荷山コースの入口は、緑に覆われ、

f:id:gomtbytsurugi:20210523204518j:image

人気がない。

前日の雨で泥が気になる登山道を進む。

f:id:gomtbytsurugi:20210523204623j:image

稲荷山のベンチ付近では青空も出てきました。

f:id:gomtbytsurugi:20210523204733j:image

11時半過ぎ山頂に到着するとかなりの人。

長居は無用なので、先に進む。もみじ台、一丁平と進むと更に青空が広がってきました。

f:id:gomtbytsurugi:20210523205309j:image

青空が拝めるだけでうれしくなる。

f:id:gomtbytsurugi:20210523205346j:image

12:25小仏城山着。

ここでお昼にするか迷ったけど、景信山でゆっくりすることに。

f:id:gomtbytsurugi:20210523205613j:image

相模湖と中央道を眺め、
f:id:gomtbytsurugi:20210523205616j:image

小仏峠のタヌキの置物の横を過ぎ、
f:id:gomtbytsurugi:20210523205611j:image

あっという間に本日最後の目的地へ。
f:id:gomtbytsurugi:20210523205625j:image

景信山では暑いのでラムネいただきました。
f:id:gomtbytsurugi:20210523205619j:image

今年何度目だろう。本当は、先週末雲取山に行く予定だったけど、白紙に戻ってしまった。

この週末も別の山に泊まりがけで、いけたらと思ってたけどそれもかなわず。

今はとにかくこれ以上体力が無くならないように出来るだけのことをするしかない。

雨の季節

天気予報がコロコロ変わるので、この週末は山には行かず、代わりに散歩。

もう紫陽花が咲いてました。

f:id:gomtbytsurugi:20210516095347j:image

九州は梅雨入り。

また雨の季節が近づいてきている。

高温多湿の日々が、また戻ってくる。

体調管理には気をつけよう。

静かな日曜 陣馬山〜高尾山

混むと分かってたのでGWは、Stay home!

パンを何度も焼き、近所を散歩しただけ。

本当は北アルプスの燕岳登ろうと思ってたけど、天気が不安定だし色々考えやめた。

日曜は、焼いたパンを持って山へ。

陣馬高原下行きのバスに乗り、新道を登ると、

f:id:gomtbytsurugi:20210510125233j:image

霞んだ富士山が出迎えてくれた。

山頂はそれなりに人はいたけど、許容範囲。

まだ9:50位なので立ち休憩して、先に進むと静かな緑のトンネル。

f:id:gomtbytsurugi:20210510125614j:image

時々人とすれ違う。

いくつか峠を過ぎて、11:37に景信山。
f:id:gomtbytsurugi:20210510125609j:image

ここで本日のお昼!

f:id:gomtbytsurugi:20210510195023j:image

景色も段々初夏らしくなってきた。

12:07高尾山目指し出発!

f:id:gomtbytsurugi:20210510195316j:image

中央高速はそんなに混んでなさそう。

ここから見える高尾山は、まだまだ遠い!

f:id:gomtbytsurugi:20210510195458j:image

小仏峠まで下ると石仏。

高尾・陣馬の山域に通うようになり早3ヶ月。

季節は冬から初夏へ。山も姿を変えつつある。

f:id:gomtbytsurugi:20210510200242j:image

冬ははっきり見えた富士山も今はうっすら。

小仏城山の茶屋も緑に覆われ、

f:id:gomtbytsurugi:20210510200441j:image

かき氷を売ってました。

f:id:gomtbytsurugi:20210510200722j:image

もみじ台から丹沢山塊を眺める。丹沢山塊縦走したのはもう8年前のこと。何年か前の台風で北に抜ける道が崩壊したままだ。又栂海新道みたいな長い縦走したいな。

それには体力が不可欠。そう思って、今回は久々の長めのトレーニング山行。
f:id:gomtbytsurugi:20210510200726j:image

最後の長い階段を登り、目に入ったのは

f:id:gomtbytsurugi:20210510201317j:image

こちら・・・。

f:id:gomtbytsurugi:20210510201818j:image

暑いのでソフトクリームを買って休憩。

それから人気のない稲荷山コースを下山。

高尾山口駅に15:07着。

歩いた距離18.8km。行動時間6時間20分。

力が足りない。絶好調とは程遠い。

それでも山を歩けるだけ幸せだ!

高尾山域の山々に今回も感謝。