読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまには海へ

訳あって山に行けないし、でも都会生活も息苦しいのと、何かしていないとどうかなりそうなので、代わりに別の意味で自然を満喫できる場所へ。数時間歩くので一応トレーニングにもなるし。

という事で、横須賀線に乗り、下りたのは北鎌倉。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014107j:image

時刻は14:46。そろそろお茶の時間ですが、本日はテルモスにポカリスエット的なものを入れてきたので、それを飲みながらブラブラ歩き。

いつ来ても変わらない雰囲気。混んでいる鎌倉は嫌いだけれど、平日はやっぱりいい。歩き始めるとそれでもそれなりに観光客がいる。外国の方も。

当初縁切り寺として有名な東慶寺を見て、その先の浄智寺の脇の道から葛原岡・大仏ハイキングコースに入り源氏山公園~銭洗弁天~大仏~由比ガ浜を目指そうと思ったのですが、久しぶりに建長寺方面を歩きたくなり、予定変更!

15時には、サザンオールスターズ桑田佳祐の母校の鎌倉学園の前、そして建長寺の入口付近に到着。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014144j:image

やはりこの時間なので観光客は少ない。

もっと早い時間帯なら建長寺から天園ハイキングコースを歩いて、鎌倉アルプスから由比ガ浜方面を眺めることもできるけど、秋は日が暮れるのが早いから今回はパス。

そのまま建長寺をスルーして、鶴岡八幡宮方面へ向かう。それにしても北鎌倉から鎌倉への道は相変わらず車が多いし、排気ガスがひどい。残念な気がする。

15:12には鶴岡八幡宮の境内へ。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014211j:image

さすがに大仏と並ぶ鎌倉の観光名所だけあって人が多い。以前あった大イチョウは2010年に大風で倒れてしまったのでその面影はなく、あった場所には御神体を祀るしめ縄と飾りがありますが、何だか淋しい。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014234j:image

源義経の恋人だった静御前が踊ったといわれる舞殿を久し振りに見ながら、東側にそのまま境内を歩いていく。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014253j:image

流鏑馬を行う流鏑馬馬場を歩く。こんなに狭かったかなあ? 子供の頃見た時は、もっとこの道広く感じたのだけれど。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014312j:image

昔住んでいたこの街。久しぶりに通学路でも歩こうかと、鎌倉宮方面に向かう。横浜国立大学付属の学校の横を通りながら、鎌倉の山々を眺める。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014333j:image

歩いていると標識出現。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014347j:image

この標識も代替わりはしているけど変わらない。学校の行き帰りに、何度もこの辺りで道を観光客に聞かれたなあ。懐かしい。

更に歩くと、これまた昔からあるレトロな郵便ポスト。何とまだ現役!

f:id:gomtbytsurugi:20151022014403j:image

15:39には鎌倉宮(大塔宮)に到着。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014427j:image

北鎌倉駅からノンストップ。55分で来れちゃいました。

ここでお参りをしました。ここには厄割り石というのがあって、それに「かわらけ」という杯のようなものを投げると厄が消えるそうです。見るといっぱい割れた「かわらけ」がありました。

そこから金沢八景の方からくる金沢街道へ向かいます。住宅地の細い道はやはり趣がありますね。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014439j:image

金沢街道にでてからは、このバス通りを鎌倉駅方面へ向かいます。やはり車が多くて辛い。

宝戒寺の先で、ローカルしか使わない細い路地に入りホッとする。こういう路地が鎌倉なんです。路地を進み、元大仏次郎宅の横を通り、元町ユニオンのある交差点に出る。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014458j:image

若宮大路の真ん中にある桜の名所の段蔓(だんかずら)は、改修工事のせいで覆いがされている。2016年3月には工事は終わるらしい。激しい変化の少ない街だけど、やはり時間の経過とともに街が徐々に変わっているのが分かる。

時計をみるともう16:06。ここから由比ガ浜まで歩くと30分位かかってしまい夕陽が眺められなくなるので、江ノ電に乗ることに。

江ノ電に乗ったらここも外国人観光客が沢山。「Hase?」を連呼している。大仏いくのかな?もう高徳院閉まっちゃうよ。

16:23には由比ガ浜へ。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014528j:image

地元民しかいない平和でのどかな由比ガ浜。逗子マリーナや三浦半島の方も見える。

波の音を聞きながら、砂の上を歩くのは心地よい。やはり自然はいい。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014553j:image

このまま稲村ケ崎を目指す。134号線の江の島方面は、いつもの様にこの時間渋滞している。

16:45に稲村ケ崎の公園に到着。夕陽と江の島そしてサーファー。ザ・湘南。

f:id:gomtbytsurugi:20151022014640j:image

多くの人が夕陽をぼんやりと眺めている。平和だ。海でも山でも自然は美しい。

17時には江ノ電稲村ケ崎の駅に到着し、帰路に着きました。

約2時間の散歩。トレーニングというよりも単なるぶらぶら歩きだったけど、たまにはこういうのもいいかな。

今度は、天園ハイキングコースか源氏山ハイキングコースを歩こうかな。

★おまけ

鶴岡八幡宮

http://www.hachimangu.or.jp/index.html

鎌倉宮

http://www.kamakuraguu.jp/

鎌倉のハイキングコース

https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/kamakura-kankou/0500hiking.html