テント泊練習(おまけ)

この前の講習は「テント泊やってみたい!でもどうしようかな?」という迷える子羊に救いの手を差し伸べてくれるような内容でした。

種明かしをすると、初日はイキナリ山に行かず、里山のハーブ畑でテント設営と食事の準備体験。

f:id:gomtbytsurugi:20170522224937j:image

通常であれば、必要なら自分で持って行くはずの椅子やテーブルが用意され、更に山の中なら自分で水場から担いでくるべき調理用の水まで準備され至れり尽くせり。まるでセレブ!

翌日は『テント泊の装備を背負って歩く』という内容でした。

女子会的な講習なのでハード系ヤマヤさんに「軟弱者!それでもクライマーですか?」と言われちゃいそう。

でも「習うより慣れろ」というコンセプトで何年も続いているだけあり、講習の回を重ねる毎に少しずつバードルが上がっていくというきめの細かさ。

「これなら、私でも僕でも出来そう」と思える考え抜かれたカリキュラム。

また主催者が女性で、講師のガイドさんも山を長くなさっている女性という点も、色々質問しやすく、親しみやすいです。

装備もイキナリ揃えなくても、いろんなテントや道具をレンタルして、実際に使って比較もできるからお財布にも優しいし、仲間も増え、とてもフレンドリーな雰囲気の講習なのでテント泊デビューを目指す人(女性や初心者)にはピッタリかと。

次回は、また少しハードルが上がり『本物の山@長野』での講習!また新たな発見がありそう。

私の最終目標は、雪山のテント泊。その前にまだまだ経験値上げないといけません。先は長いですが、こういう講習で少しずつ知識と経験を増やし、ステップアップしていくつもりです。