山行女 by つるぎ

2012年から始めた登山・クライミング・そしてそれにまつわる旅の記録。日々のつぶやきです。

スノーシュー

前から欲しかったスノーシュー

f:id:gomtbytsurugi:20190120225121j:image

とうとう買ってしまいました。

f:id:gomtbytsurugi:20190120225142j:image

ケースもあります。

初めてスノーシューで遊んだのは、北八ヶ岳の白駒池〜丸山〜麦草峠付近。あの時は天気も良くて楽しかった。昨年「またスノーシューで遊びたい!」と思い八甲田まで遠征したけど、ガスっててダメでした。

折角買ったので、今月は無理でも、来月か再来月に何とか時間作って今シーズンは行きたい。出来れば2回位は・・・。さてどうなるかな?

相州アルプス

この前塔ノ岳登りましたが、月に2度は何とか山を歩きたい!なので今回は低山縦走!

冬眠していると、夏に長く歩けません。

そんな訳で、新宿7時発のロマンスカーはこね1号に乗り込みました。

f:id:gomtbytsurugi:20190120101521j:image

それにしても車体の文字が何だかカッコいい。

このまま箱根の温泉につかりに行きたくなる。

f:id:gomtbytsurugi:20190120101706j:image

あっという間に、7:37には本厚木に到着。

今回のお題は、厚木北西部にある相州アルプスと呼ばれる3つの山。

f:id:gomtbytsurugi:20190120102147j:image

具体的には、経ケ岳〜華厳山〜高取山を歩く。経ケ岳への登山口は、厚木市内から国道412号を北西に進んだ平山坂下近くにあります。(神奈中バスだと半僧坊バス停下車)

なのでとりあえずそこまで移動。

歩き始めは8:55。

この日は地図読みの練習もしながらの集団行動。数回休んでレクチャーを受けつつ、沢沿いを登り、11:06に経ケ岳(標高633.1)到着!

f:id:gomtbytsurugi:20190120102646j:image

ここから西側の眺めは最高です!

f:id:gomtbytsurugi:20190120102649j:image

大山、塔ノ岳など丹沢山塊の山々が一望できます。この前行った塔ノ岳の尊仏山荘もちゃんと確認できます。それにしても雪がない。

寒いので、最近マイブームのコーンスープをチャチャっと作ってほっこりタイム。15半位休憩とったかなあ?

ここから華厳山へは、まず急な下りを進まなくては行けません。トラロープの張ってある嫌な下りを、集団で時間かけて下る。

待ち時間で15分位ロスしたかも?!

待っている間、暇なので、キョロキョロしてたら江ノ島や真鶴半島も見えました。

f:id:gomtbytsurugi:20190120104538j:image

12:45に華厳山(標高602m)。

日差しがあたたかい。またここで10分位休憩。

高取山(標高522.1m)に着いたら13:21でした。

f:id:gomtbytsurugi:20190120105159j:image

この山の西側は、採石場があり山がえぐれてます。秩父武甲山を思い出します。

この先は、高取山からやや北東にのびている尾根を下ります。

f:id:gomtbytsurugi:20190120105608j:image

地形図にも、

f:id:gomtbytsurugi:20190120105821j:image

私の持ってる昭文社山と高原地図にもルートはないけど、標識はしっかり出てるので、迷うことはないです。

沢登山口に、14:30到着。

大厚木カントリー倶楽部でゴルフを楽しむゴルファーを眺めながら、沢沿いの集落へ向かいこの日の山行はおしまい。

さてしばらく泊まりは厳しそうだけど、次回はどこ行こうかな?また丹沢かな?

★おまけ

①実はこのルート5年前にも歩きました。

その時は、大平山口に下山。当時のログは以下。当時高取山の採石場を見て衝撃を受けた記憶があります。

http://gomtbytsurugi.hatenablog.com/entry/2015/05/06/213800

②高取山は複数あるので行く時は注意!:

高取山はどういう訳かこの辺に3つも存在。

No.1:今回登った厚木市の高取山

No.2:愛川町清川村の境にある高取山(標高705m)私は、仏果山に登った時に山頂を踏んだことあります。展望台があり丹沢や宮ヶ瀬ダムがよく見えます。

No.3:秦野市伊勢原市の境にある高取山(標高556.3m)大山の南尾根につながる山。歩いたことないので、ここはトレーニングにいこうかな?

暗記

ルートを登る練習。

上を向いてホールドを見ないで、覚えてから離陸!離陸したら、見ていいのは足元だけ。あとは手探り!

最初はルートの半分まで覚えて2回登って、次は終了点まで。

方向は時計の針で覚える。

1時、11時、2時、10時、1時、11時、12時、2時、12時、12時、11時、2時、12時、11時、12時。

・・・みたいな感じ。

腰を入れ、足が安定してから、ホールドを取りに行く。

結局この基本って大事だし、ルートも覚えられなければ無駄に消耗する。

簡単なルートでシツコク練習しましたが、

撮っていただいだ動画を見ると、まだまだ。

自動的に出来るようになりたいな〜。

周りのお友達とはなかなかスケジュール合わないので、一緒に練習するお友達大募集です〜。

f:id:gomtbytsurugi:20190119071925j:image

次に岩場に行けるのは、いつかな?

少し遠くへ。

連休は、遠くへ。

ただし諸事情により、駅近しか行けない。

山の中だと、電波も届かないし、急遽呼び出されるとそうそう簡単に戻れないから。

と言うことで向かったのは、城ヶ崎海岸

f:id:gomtbytsurugi:20190113215347j:image

初日は寒かったけど、2日目はポカポカ。

1日目は、クラックメインで8本。

2日目は、クラックとフェイス半分くらいで7本。

まだまだクラック慣れませんが、良い練習になりました。

ホールドは優しく

年明け最初のジムは、仕事帰りにリード講習。

f:id:gomtbytsurugi:20190112073653j:image

先生によるとホールドは、優しく「お豆腐」か「熱い鍋のふた」を持つようにするのがいいとのこと。それもホールドの上の方から触るのがポイントだそうです。

なので簡単な課題で、それを意識しながら簡単なのをリードで3本登る。

最近壁のホールド替えが行われ、前とは違う壁のホールドちゃん達。でも相変わらずツルツルなのがあるので怖い。

最後に、壁が屈曲している5.10aでおしまい!

今年も少しずつ練習続けます。

年明けは塔ノ岳!

「ジムは休みだし、泊まりでアイスクライミングは行けない。でもそろそろどこか行きたい〜!」と思い向かった先は、修行の場。

f:id:gomtbytsurugi:20190105210554j:image

小田急線渋沢。

いい天気だ。駅から稜線がよく見える。

f:id:gomtbytsurugi:20190105211134j:image

バス停にはもうハイカーが列をなしている。

8:46に乗るつもりが臨時バスが出て、大倉に着いたのがそれ位。身支度して登山届出して出発。時刻は9時。

大倉(標高290m)から塔ノ岳(標高1,491m)までの標高差は約1,200m。11月以降山歩いていないので、脚力を測るいい機会。

f:id:gomtbytsurugi:20190105211059j:image

昨年捻挫のリハビリで来た以来の大倉尾根。9:34に雑事場ノ平、10:07に駒止茶屋(905m)を通過。

f:id:gomtbytsurugi:20190106095127j:image

堀立の家まではいいペースだったけど、天神尾根(標高1,128m)過ぎた辺りでのどが乾き立ち休憩。

ここから花立山荘まで急登が続く。だからペースが下がる。思った通り最近歩けなかったから、脚力が落ちている。反省。

11:15花立山荘着!

f:id:gomtbytsurugi:20190106101111j:image

何度来てもここの眺めは良い。

コンビニで買ったどら焼きをかじりながら、少し休憩。ここまで2時間15分もかかってる。いつもより遅い。お昼には山頂に立てるか?

11:20出発。

f:id:gomtbytsurugi:20190106101246j:image

ようやく塔ノ岳山頂が視界に。

金冷シ(標高1,368m)を通過。最後の階段登りを我慢して・・・

f:id:gomtbytsurugi:20190106101624j:image

11:59塔ノ岳山頂到着!

木花咲耶姫(富士山に祀られている神様)は残念ながら雲の中。

f:id:gomtbytsurugi:20190106102743j:image

それでもここからの眺めはいつも素晴らしい。

小田原・真鶴・伊豆半島方面(以下)

f:id:gomtbytsurugi:20190106102839j:image

愛鷹山方面。
f:id:gomtbytsurugi:20190106102847j:image

江ノ島三浦半島
f:id:gomtbytsurugi:20190106102844j:image

持ってきたおにぎりと、温かいコーンスープで休憩。

でもあんまり長居すると冷える。12:30下山開始。急登はゆっくり目に、それ以外はいつものように下りる。

最後は、石だらけの登山道に毎度のことながらうんざり。標識0番まで来てホッとする。

f:id:gomtbytsurugi:20190106103905j:image

ここまで来れば怪我するリスクもない。

14:30に大倉着!

f:id:gomtbytsurugi:20190106103817j:image

バス待ちの人でゲキコミ。

何とかそのバスに乗り込み登り始めは完了!

★振り返り

自分の実力を測るには、やはり良い山の塔ノ岳。結局今回休憩を除くと、トータルで4時間55分ほど。登山口を出発してから戻るまでちょうど5時間30分。

コースタイムよりやや早いけど、自己ベストより遅い。クライミングばかりで歩く時間を作れなかったツケが、タイムに如実に出てました。

今年は縦走で歩きたいルートがあるので、歩き込みしないと。

Happy New Year!

明けましておめでとうございます!

f:id:gomtbytsurugi:20190108210501j:image

今年も登山・クライミングを楽しめたらと思います。

登りたいのは、やはりあの山!

f:id:gomtbytsurugi:20190101094830j:image

北方稜線、源次郎、八ツ峰と歩きたいルートは複数。公私ともに沢山すべきことはありますが、やはり総合力をつけないと登る資格なし。

ライミングも、地味に努力しないと、マルチピッチも登れるルートは限られてしまうし、スポーツルートも同様。

タイミングが合えば海外の山やクライミングのルートにも行きたい。

そのために少しでもいいから成長したい〜。(現状維持でさえ大変だけど)まあ千里の道も一歩から。

今年も安全に楽しく遊びます!