剱岳(Day 1) 万感の思いを胸に

ある平日、北陸新幹線に乗り込む。

f:id:gomtbytsurugi:20170624094829j:image

着いたのは富山。

今回のターゲットは、雪と岩の殿堂と呼ばれる剱岳

5年間憧れ続けたあの2,999mの山。

f:id:gomtbytsurugi:20170624094949j:image

梅雨入りした日本列島。天気予報が気になり、この日まで毎日天気予報のチェック。万全の準備をと思ったものの、仕事は盛り上がりまくって、連日残業。前日も夜まで会議。タクシーで家に帰って、パッキングが終わってベットに潜り込んだのは、深夜1時近くでした。

新幹線の中で寝ようかと思ったけど、団体旅行客と同じ車両でそれもできず。

立山駅に着くと、ガラガラ。

f:id:gomtbytsurugi:20170624095705j:image

こんな立山駅初めて見ました。

ケーブルカーとバスを乗り継ぎ12時前には室堂へ。

雪の大谷はまだこんな感じでした。

f:id:gomtbytsurugi:20170624100207j:image

室堂ターミナルの入山安全相談窓口に立ち寄ってから、この日泊まる剱御前小舎をめざしました。

みくりが池あたりまでは観光客もいましたが、そこから先は誰もいない。

雷鳥沢のキャンプ場はテントが1張りだけ。

この先は、旗のついた棒を目印にストックで雪面をずっと上がる。

f:id:gomtbytsurugi:20170624112103j:image 

休憩してあたりを見渡す。

f:id:gomtbytsurugi:20170624112421j:image

人の気配が全くない静かな立山連峰

同じ日本とは思えない。至福の時。

14:30に剱御前小舎到着。

f:id:gomtbytsurugi:20170624112642j:image

宿泊客は、私とガイドさん。そしてもう1組だけ。

小屋のある別山乗越からは、剱岳が。

f:id:gomtbytsurugi:20170624112823j:image

こうやって間近で見たのは初めて。昨年は雨で何も見えませんでした。 その雄大な姿に心を奪われる。

5時に夕食。それから19:30頃外に出ると、山が色づいていました。別山乗越からは様々な方面に山が見えます。

立山方面。

f:id:gomtbytsurugi:20170624113815j:image

西の方角には山の向こうに富山湾

f:id:gomtbytsurugi:20170624114112j:image

北には翌日登る剱岳

f:id:gomtbytsurugi:20170624114436j:image

翌日の天気予報は晴れ。

「ここに来るまで、色んなことがあったけど、 全ての思いを込めて、全力で悔いのないように登ろう」そう思い眠りにつきました。